考察

アクセスカウンタ

zoom RSS 学校行事

<<   作成日時 : 2012/09/27 15:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0

当該学校の旧制中学以来の応援歌で校歌以上の存在。
入学するとまず行われる応援練習が全生徒の共有体験で、
それが妙な連帯感が生むのです。
今回東京からはもう一人、
兄貴分のT氏も来てくださっていて、
前日リハ時には喪服や和服姿で颯爽と現れ、
そのままチェンバロを弾いていました。
聞けば昭和40年代の塩沢紬で、
往路はこの格好のまま小千谷にも立ち寄ってきたとか。
3月にご一緒したときはカフスボタンまで凝りに凝った洋装でしたし、
ホントお洒落というか粋なんですこの方。
それが当日朝になって洋服で来たので皆でブイングしたのですが。、
話を聞くと、
たもとが重くて指先のタッチの制御が難しく、
これは慣れておかないと駄目だったね〜ということでした。
見た目ほど取り回しが邪魔というわけではないそうですが、
たしかに腕に重しがついた状態で弾いていることになりますからねえ。
今回私はもっぱら全体のステジ進行の切り盛りを担当していて、
そのために自分はあまり弾かずに済むようにプログラミングしてもらったのですが、
調律要員は替えがきかないのでそこは降りられず、
結局一日じゅう休憩無しに立ち働いていました。
中一日で火曜日に小さな本番を二つしたら結構へとへと。

月別リンク

学校行事 考察/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる